« GODZILLA ゴジラ | Main

September 20, 2014

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

Gotg

  マーベルユニバースにおいて本来「宇宙を担当する」のはあの四人組
 ファンタスティック・フォーであろう。だが、現在権利関係の問題で
 マーベルでファンタスティック・フォーの映画を作ることが出来ない。
 しかし、アベンジャーズの映画が2,3と続くに当たってはどうしても
 宇宙を担当するヒーロー、あるいはチームが必要だという判断から
 とてもマイナーで映画化が決まるまでほとんど誰も注目していなかった
 このチームに白羽の矢が立った、というのが本当のところなのでは
 ないかと私は勝手に思っている(権利関係で作れないってところは真実
 だよ(笑))。そのピンチヒッター的な映画が全米ナンバーワンになり、
 今年公開の映画で初めて興行収入3億ドル超えを果たしたというのだから
 かなり期待しながら観に出かけたのだよ。
  結論から言うとアメリカが好きそうなポイントがてんこ盛りの映画
 だった(笑)。特に特殊な力は持たないが、口先と度胸だけで宇宙を渡り
 歩く主人公。三つの語彙しか持たないが心優しく、この映画での萌え
 ポイントを一人で背負いきった植物人間。凶暴で平気で嘘をつき銃を
 持って大暴れするメカニックの天才というアライグマ。言わば懐メロと
 でも言うべき70年代のポップスのオンパレード(そう言えばこの映画の
 サントラも新曲が一曲も入っていないのにビルボードナンバーワンに
 輝いたそうな)。今流行りのシリアスなリブートではなく、コメディに
 軸を寄せたスペースオペラだったこともそうだろうし、最後のシーンの
 あざとさもそうだろう(私ももちろんやられてしまったクチだが)。
 いかにもアメリカ人が好きそうな映画だったんじゃないかな。
  と言って決して日本人に楽しめないということはなく、良くできた
 映画だったと思う。洋楽にはとんと疎い私でも楽しめたんだから
 当時の音楽を聴いていた人たちにはたまらないんじゃないかな。
 惜しいのはバウティスタ(いつから「ウ」が入ったんだろう(笑))演じる
 ドラックスのキャラクターが何となく中途半端なこと。グルートと
 ガモーラとロケットそれぞれと少しずつ被っているようなキャラ立て
 になっている気がする。仇をロナンではなく、ジャイモン・フンスー
 演じるコラスあたりにして、その他は我関せずみたいなキャラにしても
 よかったのではないかな。
  75点にしようかと思ったが、最後のあのシーンには正直やられて
 しまってので80点。しかし吹っ飛んでしまったとは言え、コレクター
 のコレクションってすごいな。あんなのまで集めていたなんて、
 恐るべしコレクター(笑)。

  「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
       GUARDIANS OF THE GALAXY
   監督 ジェームズ・ガン
   キャスト クリス・プラット ゾーイ・サルダナ
        デイヴ・バウティスタ ヴィン・ディーゼル
        ブラッドリー・クーパー リー・ペイス
        マイケル・ルーカー ベニチオ・デル・トロ 他

|

« GODZILLA ゴジラ | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/60346243

Listed below are links to weblogs that reference ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:

« GODZILLA ゴジラ | Main