« キック・アス/ジャスティス・フォーエバー | Main | ホビット 竜に奪われた王国 »

April 03, 2014

ロボコップ

Robocop

  ポール・ヴァーホーヴェン監督による大ヒット作のリブート。
 今、この作品を作り直す意味とは何だろう、と期待して観に
 出かけたのだが、正直あまりいい出来とは言えない作品だった。
  時代が進んで技術が革新され、ロボコップ自体がずいぶんと
 アップデートされた感じだったのは悪くないと思った。データ
 ベースや監視カメラに即座にアクセスして犯人を追い詰めたり、
 ジャンプする軌道を予測して表示する映像などは現代ならではの
 説得力があったし、ドレイファス法やサミュエル・L・ジャクソン
 演じるタカ派キャスターなどは現代アメリカを皮肉っていて
 それはそれなりに面白かった。残されたマーフィの家族という
 着眼点も使い方によっては素晴らしいドラマになっていただろう。
  だが、いかんせんロボコップ=マーフィのキャラクターが
 弱すぎるのだ。前回のロボコップの持っていた強烈なキャラクター
 性を思うと(ロボットであるがゆえの硬い動き、独特で印象的な
 銃の構え方とそれをしまう時の癖、そしてオムニ社の人間は
 撃てないという条件付けとそれを利用したオチ)、今回のロボ
 コップは小粒に過ぎる。前作とは逆にしたマーフィの有り様の
 変化も、全体的なドラマと密接に絡み合ってるとは言いがたい。
 リブートするにあたっては前作とは違うモノにしなければ、と
 いう意気込みは買わなくは無いのだが、良かったところを
 根こそぎ無くしてしまってはリブートする意味が無いのでは
 ないだろうか。
  70点。旧作のテーマソングやロボコップのデザインを使用
 していたのはよかったけど、それだけじゃ、ね。

 「ロボコップROBOCOP
  監督 ジョゼ・パヂーリャ
  キャスト ジョエル・キナマン ゲイリー・オールドマン
       アビー・コーニッシュ マイケル・キートン
       サミュエル・L・ジャクソン 他

|

« キック・アス/ジャスティス・フォーエバー | Main | ホビット 竜に奪われた王国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/59405048

Listed below are links to weblogs that reference ロボコップ:

« キック・アス/ジャスティス・フォーエバー | Main | ホビット 竜に奪われた王国 »