« ウルヴァリン:SAMURAI | Main | ゴースト・エージェント/R.I.P.D. »

October 18, 2013

エリジウム

Elysium

  「第9地区」のニール・ブロムカンプによる近未来SF映画だが
 第9地区とは違ってまったくと言っていいほどひねりのないド直球の
 SF映画だった。近未来の貧富の差とそれを象徴するパラダイスと
 スラム街。個人的な理由から始まった楽園への挑戦と、最終的には
 世界全体を救うために自らを顧みることなく行動する主人公。どこか
 で聞いたことのあるようなストーリーがそのまま展開されている
 感じ。だからといって決してつまらないわけではなく、ガジェット
 の面白さも相まって楽しめる映画にはなっていると思う。特に貧富の
 差を象徴するスペースコロニーエリジウムが常に空に浮かび回転して
 いるという映像はなかなかのもの。炸裂弾やエクソスーツ、医療用
 ポッドなどは見ているだけでも楽しい「オモチャ」だったな。
  ただ、ひねりのない分脚本の練り込みが少ないと感じるのも事実。
 ストーリー上の問題だけでなく、作劇上もっと考えなければいけない
 ことが多すぎる気がする。なぜ主役は車泥棒でなければならなかった
 のか。なぜ一旦動き始めたらキャンセルできないような前時代的な
 工場機械だったのか。スパイダーの行動原理は何なのか。足が不自由
 な理由は何なのか。主人公の弟分はなぜあそこまで主人公に義理立て
 するのか。エクソスーツを着た人間と着ていない人間の差異をきちん
 と見せないのはなぜか。エリジウムに辿り着く正規のルートと、維持
 しているシステムが一切語られないのはなぜか。そしてどう考えても
 最後にスパイダーを取り押さえようとしてドロイドに拒否されるのは
 ジョディ・フォスター演じるデラコートの方が良かったと思うのに、
 なぜ早々に退場させなければならなかったのか。考えれば考えるほど
 気になる点が続出する。そういった意味ではやはり脚本が弱いのでは
 ないだろうか。
  75点。あのラストは決してハッピーエンドではなく、人口爆発と
 資源の枯渇、地球の終演につながる結果だと思うのだがさて。

  「エリジウムELYSIUM
   監督 ニール・ブロムカンプ
   キャスト マット・デイモン ジョディ・フォスター
        シャールト・コプリー アリス・ブラガ
        ワグネル・モウラ ウィリアム・フィクトナー 他

|

« ウルヴァリン:SAMURAI | Main | ゴースト・エージェント/R.I.P.D. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/58408955

Listed below are links to weblogs that reference エリジウム:

« ウルヴァリン:SAMURAI | Main | ゴースト・エージェント/R.I.P.D. »