« ローン・レンジャー | Main | スター・トレック イントゥ・ダークネス »

August 26, 2013

パシフィック・リム

Pacificrim

  あの「ヘルボーイ」を監督したギレルモ・デル・トロがそのヲタクな
 愛情のすべてを注ぎ込んで巨大ロボットと大怪獣が戦う映画を作ったと
 いう、それだけでかなりの期待を持たせてくれたパシフィック・リム。
 まず何よりもこの現代においてこの企画を通して1本の映画にして
 しまうその意欲と力業に敬服するかぎりである。そしてその愛情には
 素直に感動してしまう。特撮や怪獣が好きなら必見の映画だと言えよう。
  ただ、好きな題材であるだけに実は不満も多い。まず言えるのは
 圧倒的に「華」と「外連味」が少なすぎるということ。もちろん人間
 ドラマも重要だし、嘘くさくならない程度にリアルさも追求しなければ
 ならない。だがそれでもこの映画の主役はロボットと怪獣の対決なの
 だから、そこが魅力に溢れるものになっていなければならないはずだ。
 そう考えるとこの映画のロボットと怪獣には華が無さ過ぎる。それぞれ
 のキャラクターの立ち方─形態や機能の違いが中途半端だし、出撃や
 登場でもっと見得を切ってもいいはずだ。それぞれのイェーガーを
 紹介する時には言葉だけでなく、その戦う姿をPV風に見せるべきだし、
 必殺技の名前を叫べとまでは言わないけれど、それぞれただ使うのでは
 なく一ひねり二ひねり加えて欲しかったところ。監督の射程として
 ガンダムやマクロス、パトレイバーのような「リアルロボット系」も
 入っているのだろうが、相手は怪獣、怪物でも異星生物でもない怪獣
 なのだから、立ち向かうのはマジンガーやゲッターのような「スーパー
 ロボット」でなければならないはずだ。
  あと好みの問題もあるが段々イェーガーが減っていって尻つぼみに
 なるような話の流れでなく、たった一機で奮闘しているところに他の
 期待が助けに来るみたいな流れの方が良かったな。段々と減っていく
 にしても最後のラストダンジョンで残りの機体に力と使命を託して
 脱落していくようなお話にしてほしかった。
  全体的に大好物なネタだけに不満もその分多く、これ以上書いてると
 止まらなくなりそうなのでこのあたりにしておこう。もういいから
 素直にマジンガーZをハリウッドで映画化してくれないかなぁ(笑)。
  75点。ジプシー・デンジャーだけに脱出ポッドが付いているのも
 とても気になった。あ、だめ、言いたいことが次から次へと(苦笑)。

 「パシフィック・リムPACIFIC RIM
  監督 ギレルモ・デル・トロ
  キャスト チャーリー・ハナム イドリス・エルバ
       菊地凛子 ロン・パールマン 他

|

« ローン・レンジャー | Main | スター・トレック イントゥ・ダークネス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/58070204

Listed below are links to weblogs that reference パシフィック・リム:

« ローン・レンジャー | Main | スター・トレック イントゥ・ダークネス »