« エクスペンダブルズ2 | Main | ロックアウト »

November 13, 2012

リンカーン/秘密の書

A_l_vampirehunter

  かのアメリカ合衆国大統領リンカーンが、実はバンパイアハンター
 だったら、という一見無謀に思える設定で描かれた吸血鬼映画。
 歴史上の人物が実はバンパイアハンターというのは今までありそうで
 なかったパターン。しかもリンカーンは謎が多く、ひょっとしたら
 と思わせる人生を送っており、持って来いの題材とのこと。そこに
 南北戦争の隠された真実(北対南、ではなく、人対バンパイアだった)
 をからませて描き、単なる吸血鬼映画でもなく歴史映画でもない
 不思議な印象を残す映画だった。
  リンカーンについてもっとくわしければまた違う感想を持てる映画
 だったのかもしれないが、ほぼ何も知らない私にとってはどうも
 中途半端な感が否めなかった。表の顔である大統領職と史実である
 南北戦争、裏の顔であるハンターと対バンパイア戦がもっと分離した
 別物だった方がすんなり楽しめたような気がしてならない。史実が
 重荷になってアクションの弾け方に乗っていけない、そんな感じかな。
 ベクマンベトフ監督の「味」は程よく発揮されていただけに少し残念。
 ま、私はアメリカ人ではないので致し方ないところか。
  映画はリンカーンの暗殺を描いていない。リンカーンと言えば
 そこが一番のクライマックスになるはずなのだが、それをあえて外した
 英断には拍手を送りたいと思う。原作者が脚本を担当しているのにも
 かかわらず、その決断を下せたのは素晴らしいことだと思う。
  75点。スピルバーグのマジメなリンカーン伝記映画の予告がかかって
 いたのが微妙だったな。

 「リンカーン/秘密の書Abraham Lincoln: Vampire Hunter
  監督 ティムール・ベクマンベトフ
  原作 セス・グレアム=スミス
      「ヴァンパイアハンター・リンカーン
  キャスト ベンジャミン・ウォーカー ドミニク・クーパー
       アンソニー・マッキー ルーファス・シーウェル
       メアリー・エリザベス・ウィンステッド 他

|

« エクスペンダブルズ2 | Main | ロックアウト »

Comments

スピルバーグのマジメなリンカーン伝記映画を観てから、 「リンカーン/秘密の書」を観たら良かったのでは?( ̄ー ̄)ニヤリ

Posted by: みなせ | November 14, 2012 at 10:07 AM

マジメな方は俺が絶対観ないクチの映画だからw
つか わかってて言ってるな?ww

Posted by: ウル | November 14, 2012 at 10:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/56106010

Listed below are links to weblogs that reference リンカーン/秘密の書:

» 映画「リンカーン/秘密の書」奇想天外な発想から生まれた秘密のお話 [soramove]
「リンカーン/秘密の書」★★★3D鑑賞 ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、 アンドニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド出演 ティムール・ベクマンベトフ監督、 ティム・バートン製作 105分、2012年11月1日より全国にて公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:ABRAHAM LINCOLN:VAMPIRE HUNTER ) 人気ブログラ... [Read More]

Tracked on November 15, 2012 at 07:22 AM

« エクスペンダブルズ2 | Main | ロックアウト »