« スノーホワイト | Main | 器用でしょ »

July 03, 2012

コナン・ザ・バーバリアン

Conan_t_b

  アーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化されてから30年。
 ここのところのリメイクならぬリブート(スーパーマンやバットマン、
 最近ではスパイダーマンまで)ブームに乗ったのかそうでないのか、
 我らの蛮族キンメリアのコナンが再びスクリーンに帰ってきた。
 東京では銀座シネパトスでの限定公開だが、これを観に行かないと
 後悔必至なのでしっかり足を延ばしてきた。
  82年のコナンよりもダークに、そしてバイオレントに仕上がった
 今回のコナンは、「無残に命を奪われた父親の仇を取る=復讐譚」に
 特化したこともあって、すんなりと楽しめるヒロイックファンタジー
 になっていると思う。これでもかというくらいの流血があるので
 お子様にはお勧めできないが、ストーリーは単純明快なので、この
 ジャンルが好きな人間にはそれなりに楽しめる作品に仕上がっている
 と思う。主演のモモアはがんばっていたし、アバターでクオリッチ
 大佐を演じたスティーヴン・ラングもいい。レイチェル・ニコルズは
 惜しげもなく美しい肉体をさらしてくれるし、ボブ・サップまで登場
 するというサービスぶり。そして何よりもその短い出演時間で圧倒的
 な印象を残すロン・「ヘルボーイ」・パールマン。最近久しく観る
 ことのできなかった、そして渇望していた、まさしく「剣と魔法の
 物語」の映画であった。
  ただカラー王やマリークの魔法が今ひとつはっきりしないことを
 筆頭にそれぞれのキャラクターがやや弱い気がするし、何と言っても
 これが皆の待っているコナンかどうかと言うとちょっと首を傾げて
 しまう。少なくとも私にとってコナンとは、策を弄せずとも魔力を
 正面突破できる、誰にも抑えることの出来ない驚異の存在であって、
 こんな普通にちょっと強いだけの男じゃないんだよなぁ(苦笑)。
 最後の敵の倒し方も剣に失礼な気がするし、コナンとしてはまだまだ
 合格点をあげられる映画では無いかな。
  75点。コナンというキャラクターはまだまだ不死身。きっとこれ
 からも何本も映画が作られるだろう。いつか最高のコナンに出会え
 ますように。

 「コナン・ザ・バーバリアンCONAN THE BARBARIAN
  監督 マーカス・ニスペル
  キャスト ジェイソン・モモア レイチェル・ニコルズ
       スティーヴン・ラング ローズ・マッゴーワン
       ボブ・サップ ロン・パールマン 他

|

« スノーホワイト | Main | 器用でしょ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/55111811

Listed below are links to weblogs that reference コナン・ザ・バーバリアン:

« スノーホワイト | Main | 器用でしょ »