« 器用でしょ | Main | 秩父の野鳥 »

July 09, 2012

アメイジング・スパイダーマン

Taspdm

  原作を忠実に映像化し絶賛を浴びたサム・ライミ監督のスパイダーマン
 3部作の記憶も新しい中、スタッフ・キャストを一新して1から作り直す
 というチャレンジに出た今回のアメイジング・スパイダーマン。ライミ版
 が素晴らしかっただけに不安大きく、そして期待もしつつ観に出かけた。
  結論から言うと文句なし!。もちろんスパイダーマンのスの字も知らない
 という人にはかなりつらい部分もあるというのはわかるのだが、アメコミ
 好きでジャンル映画好きでスパイディ好きな人間にとっては素晴らしい
 映画に出来上がっていた。原作を尊重し、なおかつライミ版とは違う映画
 を作るということはかなりの難題だが、その高いハードルを楽々と飛び
 越えていたと思う。もともとピーターは両親がいなくて伯父、伯母に
 育てられているのだが、今まで不思議なほど語られることのなかった両親
 について焦点をあてたのも上手いと思ったし、ピーターが自分のその使命
 の重さに気づいていくに従ってダイナミックになっていくアクションの
 使い方もよかった。あのクレーンのシーンはあざといと思いつつも素直に
 感動したし、不安を感じる必要は一切無し。いろいろな人に是非観て欲しい
 映画だと言ってしまおう。さらに言うと終盤のアクションは3Dで観て欲しい
 かな。
  個人的に最もいいと思ったのはスパイディが軽口を叩きながら悪党と
 やりあったところ。昔懐かしい光文社のコミックを大事に持っている人間
 としては、やはりスパイダーマンはあのイメージ。おそらく作られるで
 あろう次回作でもボヤキながらグチりながら戦って欲しいなぁ。
  85点。しかしヒロインがグウェンなのはとっても気がかり。あの方向は
 やめて欲しいなぁ。エマ・ストーン美人だし(笑)。

  「アメイジング・スパイダーマンTHE AMAZING SPIDER-MAN
   監督 マーク・ウェブ
   キャスト アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン
        リス・エヴァンス デニス・リアリー
        キャンベル・スコット イルファン・カーン
        マーティン・シーン サリー・フィールド 他

|

« 器用でしょ | Main | 秩父の野鳥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/55157644

Listed below are links to weblogs that reference アメイジング・スパイダーマン:

« 器用でしょ | Main | 秩父の野鳥 »