« 上向いて下向いて | Main | コナン・ザ・バーバリアン »

June 27, 2012

スノーホワイト

Swathm

  「白雪姫」をディズニーのように「童話」としてではなく、「指輪物語=
 ロード・オブ・ザ・リング」のようにダークファンタジーとして描こうと
 した作品。主人公のスノーホワイトは甲冑に身をつつみ、剣を手にとって
 反乱軍の先陣を切るし、魔女には魔女なりのストーリーがあって孤独な
 戦いを続けている。7人の小人はただ単なる陽気な森の仲間ではないし、
 目覚めさせるのは王子のキスでもない。ピーター・ジャクソンが指輪物語を
 ああいう形で映画化した、その流れにある作品であるのは確かだし、その
 姿勢や試みは間違っていないと思う。もしこれが当たれば、そこには映画化
 するに値するとてつもなく巨大な鉱脈が眠っていることにもなる。予告の
 映像を観てもわくわくさせるような絵作りが多そうだったし、かなり期待
 して観に出かけたのだが。
  結論から言うと脚本が弱すぎると思う。白雪姫の要素を拾うことに汲汲と
 している感じで、全体をうねりのある1本のストーリーとすることに失敗
 しているのではないだろうか。魔女の方のストーリーばかりが目立ち、肝心
 の主役の描写が物足りない。なぜ彼女は魔女に打ち勝つ力を持っているのか。
 なぜ彼女の心臓がすべてのカギとなっているのか。なぜ彼女が特別なのか。
 そのあたりがフワッとしているのが最大の欠点ではないかと思う。その
 すべてを彼女の美貌のゆえんだとするにはクリステン・スチュワートでは
 あまりにも弱い。戦う姫という点ではまさに適役だろうが、白雪姫の口が
 つねにだらしなく半開きというはどうもいただけない(苦笑)。この映画は
 シャーリーズ・セロンの映画だと思って観に行くのが吉ですかね。三部作の
 予定があるらしいが、はたしてどうなりますやら。
  70点。森の王はやはり狼であって欲しいな。どちらにしてももののけ姫
 を彷彿とさせるのは同じだが。

 「スノーホワイトSNOW WHITE & THE HUNTSMAN
  監督 ルパート・サンダース
  キャスト クリステン・スチュワート シャーリーズ・セロン
       クリス・ヘムズワース サム・クラフリン 他

|

« 上向いて下向いて | Main | コナン・ザ・バーバリアン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/55060273

Listed below are links to weblogs that reference スノーホワイト:

« 上向いて下向いて | Main | コナン・ザ・バーバリアン »