« 花水木 | Main | 黒猫 »

October 28, 2011

カウボーイ&エイリアン

Canda

  原作のグラフィックノベルは既に買ってあった。この内容を
 そのまま映画化するとなると一体どういうことになるのだろう
 と思っていたら、巻末に原作と映画は全くの別物と書いてあった
 ので頭をカラにして観に出かけてきた。
  基本的な枠組みはまごう事なき西部劇。ストレンジャーが
 街にやってきてそこの実力者と一悶着、事件を解決して去って
 行く。その基本的な枠組みを守りつつ、エイリアンというSF的
 要素を入れ、なおかつ現代の要請に耐えるよう、西部劇では
 敵であったネイティブアメリカンとのふれあいと共闘を描く。
 さらに謎の美女をからめ、さすがにスピルバーグ製作という
 だけあって手堅く仕上がった一本になっていると思う。豪華な
 キャストはそれを観ているだけでも得した気分になるし、複葉で
 トンボのような機体に代表されるSFXもがんばっていたと思う。
  ただせっかくここまでのものを作るんだったら、もっと突き
 抜けてよかったような気がするのも事実。何よりも射撃の醍醐味
 というものが圧倒的に欠けているのが残念でならない。少なく
 とも主人公は射撃の名手であって欲しいし、そういう描写が
 あってしかるべき。途中の手下との遭遇と呼び寄せる辺りはもっと
 すっきり出来ると思うし、最後の決着の付け方もそれでいいのか
 という感じ。脚本を刈り込んで、もっと単純に明快に、わかり
 やすい物語にした方がよかったような気がするな。どうせ色物
 なんだから、もっとマカロニ寄りでいいんだよ!(笑)
  75点。いや、原作通りに映画化されたらそれはそれで目も
 当てられないものになったとは思うんですけどね(苦笑)。

 「カウボーイ&エイリアンCOWBOYS & ALIENS
  監督 ジョン・ファブロー
  キャスト ダニエル・クレイグ ハリソン・フォード
       オリヴィア・ワイルド サム・ロックウェル 他

|

« 花水木 | Main | 黒猫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/53105260

Listed below are links to weblogs that reference カウボーイ&エイリアン:

« 花水木 | Main | 黒猫 »