« ドクダミと小さな虫 | Main | 必殺風味 »

June 08, 2011

アジャストメント

Adjustment_b

  P・K・ディックの原作、自分でも脚本を書くマット・デイモン主演
 ということで一応押さえておくかと観に行ってきた「アジャストメント」。
 まぁ結論から言うと私は見なくてもいい映画だったかな(苦笑)。SF映画
 だと思って観に行ったら失敗する、極端に言えば恋愛映画以外の何物でも
 ない作品だったのだ。
  SF映画ならば最後のオチには調整班を出し抜く何らかのトリックが
 披露されるとか、システムを揺るがすほど根本的な一手を見つけるとか
 「ああ、そうだったのか!」とはたと膝を打つようなセンス・オブ・
 ワンダーがあってしかるべき。それがあのオチではねぇ。帽子や運命の
 書、ドアノブなど、細かいギミックは懐かしいSF映画の味があって、
 使い方によっては面白い作品になりそうだっただけに実に残念。
  恋愛映画として観れば(あいにくとそういう観方には慣れていないの
 だが(苦笑))、そこそこいい出来にはなっているような気はする。特に
 相手役を演じたエミリー・ブラントがいい味を出していたと思う。彼女
 なら一目惚れしてしまうだろうなという説得力があったのではないかと。
 それにテレンス・スタンプの存在感たるや!。ま、それもこれも最後が
 あれでは(再)。
  個人的な趣味と他の人に勧めること両方の間を取って70点。原作とは
 似ても似つかない作品に仕上がっているらしいが、一応原作も読んで
 みますかね。

 「アジャストメントTHE ADJUSTMENT BUREAU
  監督 ジョージ・ノルフィ
  キャスト マット・デイモン エミリー・ブラント
       アンソニー・マッキー ジョン・スラッテリー
       テレンス・スタンプ 他

|

« ドクダミと小さな虫 | Main | 必殺風味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/51889791

Listed below are links to weblogs that reference アジャストメント:

« ドクダミと小さな虫 | Main | 必殺風味 »