« やえ | Main | なかよくおひるね »

April 25, 2011

エンジェル ウォーズ

Suckerpunch

  「300」や「ウォッチメン」で知られるザック・スナイダー監督の
 初オリジナル作品。なにやらぶっ飛んだ内容のようで期待して出かけた
 のだが。
  発想自体は面白いと思う。いわば現実逃避を大がかりに映像化した
 ような映画なのだが、その逃避である幻想と現実との境目をあいまいに
 して、めくるめく一大ページェントを展開しようという発想は悪くない
 と思う。それを支える女性陣のアクションも見応えがあったし、戦闘
 シークエンスは単純に楽しむことが出来た。女の子が肌もあらわに
 戦ってるところを観たい人なら必見の映画だ(笑)。
  ただ、どうも今ひとつ踏み込みが足らない気がしてしょうがない。
 もっと幻想と現実の区別をあいまいにした方がいいと思うのだ。同じ
 ように、夢と現実の世界を行き来し自分の立ち位置があやふやになる
 インセプションでも、現実から夢の最下層まで4つの層を用意して
 いたことを考えると、3層で済ませるのではなく、もっと何層も幻想を
 重ねた方が面白くなったのではないか。少なくとも各戦闘シークエンス
 を統一の取れたものとするよりは、各個それぞれ別々の脈絡のない
 シークエンスにした方がよかったのではないかと思う。あるいは逆に
 売春宿を現実にして幻想を1層だけにして、もっと現実と幻想を有機的
 に結びつけるとか。まぁなんにせよ、現実と幻想の間の行き来がほぼ
 描かれていないのが最大の弱点かな。ふと思いついた発想をあまり深く
 考えることなしに映像化してしまった、そんな感じの映画だった。
  70点。ベイビードールのデザインの元になったは、われらが猿王、
 寺田克也の手によるドローイングですってよ!。

 「エンジェル ウォーズSUCKER PUNCH
  監督 ザック・スナイダー
  キャスト エミリー・ブラウニング アビー・コーニッシュ
       ジェナ・マローン ヴァネッサ・ハジェンズ
       ジェイミー・チャン カーラ・グギーノ
       オスカー・アイザック スコット・グレン 他

|

« やえ | Main | なかよくおひるね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/51493424

Listed below are links to weblogs that reference エンジェル ウォーズ:

» 映画「エンジェル ウォーズ 」予備知識なしでこの世界観を楽しみたい [soramove]
「エンジェル ウォーズ 」★★★☆ エミリー・ブラウニング 、アビー・コーニッシュ 、 ジェナ・マローン、ヴァネッサ・アン・ハジェンズ、 ジェイミー・チャン出演 ザック・スナイダー監督、 110分、2011年4月15日公開 2011,アメリカ,ワーナー (原作:原題:SUCKER PUNCH)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場7位とちょっと寂しいスタートとなった、 今は... [Read More]

Tracked on April 30, 2011 at 10:38 AM

« やえ | Main | なかよくおひるね »