« 暮れゆく | Main | 光を帯びる »

January 31, 2011

グリーン・ホーネット

Greenhornet

  アメリカのヒーローものというわけで、もとはラジオドラマであり
 厳密にはアメコミヒーローというわけではないのだけれど、はずす
 わけにはいかないと、グリーンホーネットを観賞してきた。
  コメディアン出身のセス・ローゲンが主役ということもあり基本的
 にはコメディ映画である。もちろん父の存在を乗り越えていくダメ息子
 の物語という一面、ブリットとカトーの友情物語という一面、レノアを
 加えた三角関係という一面と、いろいろな側面を持った映画であるし
 ただのおちゃらけた映画ではないのだけれど、笑って楽しむのが正しい
 見方だと思う。特にこれでもかとギミックを積み込まれ、これでもかと
 酷使されるブラックビューティーの活躍は素晴らしい。この映画の主役
 はこの車ではないかと思うほどだ。
  ただヒーロー映画としては主役が結局ダメなままな感じで終わるのは
 残念かな。冒頭、過去の回想から始まるのではなく、カッコよくヒーロー
 活動をしている「完成された」グリーンホーネットから始めて、その
 原点は…という感じにした方がよかったんじゃないかなぁ。最後ブリット
 も目覚めかけていることだしね。
  3Dはあまり意識すること無かった。「普通」になってきたな。いい
 ことなのかどうかはまだまだ不明ですかね。
  75点。やっぱりヒーローものにはカタルシスが必要。

 「グリーン・ホーネットTHE GREEN HORNET
  監督 ミシェル・ゴンドリー
  キャスト セス・ローゲン ジェイ・チョウ
       キャメロン・ディアス クリストフ・ヴァルツ 他

|

« 暮れゆく | Main | 光を帯びる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/50739703

Listed below are links to weblogs that reference グリーン・ホーネット:

« 暮れゆく | Main | 光を帯びる »