« デイブレイカー | Main | りん。 »

December 07, 2010

SPACE BATTLESHIP ヤマト

Yamato

  子供の頃、そのブームに直接触れた世代、そしてアニメファンだった
 人間としては観ておかなければならない映画、ヤマトの実写化版を観賞。
  さすがに白組と山崎監督、ヤマトを再現することに関してはそれなりに
 成功していたのではないだろうか。何よりもあの音楽でヤマトが発進した
 時には全身に鳥肌が立ったし、VFXも違和感を感じることなくすんなり
 受け入れることが出来た。原作のいろいろなシーンも盛り込まれていたし、
 アナライザーの登場も嬉しかった。柳葉敏郎が、がんばって青野武に声を
 似せようとしていたのは個人的に褒めてあげたい(笑)。敵の設定の改変や
 キャラクター設計の変更、原作にないドラマの導入は、2時間半の映画に
 まとめる上で必要悪だとも思うし、無下に頭から否定する気はない。
  だが、その上でもこの映画には大きな問題点が二つある。一つは主人公
 のキャスティング。別に木村拓哉が嫌いなわけではないが、木村拓哉は
 何を演じても木村拓哉なのは最初からわかっているのだから、世界観が
 すでに確立し、大勢のファンがいるヤマトの世界に彼を持ち込むことは
 なかったのではないだろうか。あるいは様々な改変とドラマの導入は
 彼をキャスティングしたことから逆算してのものだったのかも知れないと
 思うと、なおさらミスキャストだったのではないかと思う。
  そして私にとってそれ以上に問題だったのは、この映画が最初のテレビ
 シリーズだけでなく、劇場版二作目である、「さらば宇宙戦艦ヤマト」も
 リメイクの視野に捉えていたことだ。確かにそれ以降のグダグダとは違い
 いい映画だったし、私も当時劇場で号泣したのだが、私にとってヤマトの
 本来の良さとは最初のテレビシリーズにこそあるのだ。反射衛星砲や
 アステロイドベルト、ドリルミサイルの反転やアナライザーの恋、そして
 真田さんの「科学は屈服させるべき敵なのだ!」。そこにはまぎれもない
 「SF」が存在していたし、センス・オブ・ワンダーが満ちあふれていた。
 それこそをリメイクして欲しかったのだ。同い年の山崎監督ならわかって
 くれると思っていたのだがなぁ。そこらへんはおとなの事情なのかも
 知れない。
  とっても点数がつけづらい75点。「古代さん」じゃなくて「古代くん」
 でお願いしたかったな。やっぱ主役のキャスティングが…。

  「SPACE BATTLESHIP ヤマト
   監督・VFX 山崎貴
   キャスト 木村拓哉 黒木メイサ 緒形直人
        柳葉敏郎 西田敏行 高島礼子 山崎努 他

|

« デイブレイカー | Main | りん。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/50239497

Listed below are links to weblogs that reference SPACE BATTLESHIP ヤマト:

« デイブレイカー | Main | りん。 »