« 小さなお地蔵様 | Main | 白い雲黒い雲 »

August 02, 2010

インセプション

Inception

  「メメント」や「インソムニア」で名を上げ、「ダークナイト」で
 世界的なヒットを飛ばしたクリストファー・ノーランの完全オリジナル
 脚本による新作。その作家性が前面に押し出された大作がハリウッドで
 製作されるというのは奇跡に近いが、バットマンの次回作をノーランに
 撮ってもらうための映画会社からの「手付け金」ということなのだろう。
 この手の映画は監督の個性が反映される反面、暴走を止める人もいない
 ので失敗作が生まれる可能性も低くないのだが─。
  この映画に関してはそれは杞憂に過ぎなかった。さすがノーラン、
 ここまで複雑な設定、複雑なプロットを用いながら、立派な娯楽作に
 仕上げている。登場人物の心理描写をきっちりと描いていることも
 それに貢献しているが、私がとても素晴らしいと思ったポイントは、
 説明する箇所、しない箇所の取捨選択とその説明の仕方だ。この今の
 世の中に存在しないテクノロジーを元にした映画を作る場合、1から
 10までそれについて説明したくなるものだが(実際その説明が最も
 面白いポイントになることも多い)、物語の進行に必要のない説明は
 ばっさりと割愛し、必要最小限にとどめている。物語の流れが説明に
 よって躓いて止まるということがないのだ。この手の映画ではそれは
 奇跡的なことだろう。それほどまでにノーランの手腕の冴えは素晴ら
 しい。
  夢の映像化という点でも変にCGに頼らずにそれを表現してしまう
 ところがいい。どんなに夢は自由だと言っても、実際見てる時には
 なかなか人間の見る夢の範囲を超えられるものではない。その辺りの
 「もどかしさ」みたいなものも上手にフィルムに定着されているような
 気がした。
  ディカプリオの童顔も気にならなかったし(笑)、俳優陣のがんばりも
 よかった。特に気に入ったのは黙々としてプロの仕事に徹する相棒、
 アーサーを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットかな。特に無重力下
 でのアクションとその演技が光っていた。
  90点。最後のあれがすごく気になる(苦笑)。倒れてくれるととっても
 嬉しいのだがなぁ(笑)。

  「インセプションINCEPTION
   監督 クリストファー・ノーラン
   キャスト レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 エレン・ペイジ
        ジョセフ・ゴードン=レヴィット マイケル・ケイン 他

|

« 小さなお地蔵様 | Main | 白い雲黒い雲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/49040997

Listed below are links to weblogs that reference インセプション:

» 『インセプション』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
渡辺謙の堂々たる存在感。 人によっては、更に深く深くストーリーを検証し、違う解釈を導き出される方もおられるだろう。 あまり考え過ぎると、作品さながら夢の中でも考え込んでしまうのでご注意を。 観客の頭脳にも挑戦的で、壮大なスケールで描くお薦め脳内アクショ…... [Read More]

Tracked on August 13, 2010 at 12:59 AM

« 小さなお地蔵様 | Main | 白い雲黒い雲 »