« 西日を受けて光るかも | Main | 肉球 »

April 26, 2010

アリス・イン・ワンダーランド

Aiwl

  あまりにも有名な「ふしぎの国のアリス」「鏡の国のアリス」を
 もとにティム・バートンが作り出した、新たな、そして懐かしい
 アリスの冒険譚。もともとアリスの世界とティム・バートンの親和性
 が高い上に、ディズニー映画ということか、バートンの「難しさ」が
 いつもほど表に出ていないので非常にまとまった作品になっていると
 思う。アリスの世界に登場するキャラクターやエピソードを上手に
 使って、大きくなったアリスの冒険と成長を組み立てた脚本も○。
 ティム・バートンらしさ、アリスらしさという面から見ると食い足り
 ないと思う人は多いだろうし、期待が高かっただけに失望したという
 人もいるだろう。だが私は十分楽しんだし、まるでどこかのテーマ
 パークに行って帰ってきたかのような満足感を得ることが出来た。
 普通に映画化したのではどう考えてもアニメーションには適わない
 だろうしね。
  80点。全然猫らしい顔でもないし常に空中にふわふわ浮いている
 くせに、とても猫らしくて可愛かったチェシャ猫が特にお気に入り。
 いや、猫好きですみません(笑)。
 
  「アリス・イン・ワンダーランドALICE IN WONDERLAND
   監督 ティム・バートン
   原作 ルイス・キャロル
   キャスト ジョニー・デップ ミア・ワシコウスカ
        ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ 他

|

« 西日を受けて光るかも | Main | 肉球 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/48190565

Listed below are links to weblogs that reference アリス・イン・ワンダーランド:

« 西日を受けて光るかも | Main | 肉球 »