« 曇天では今ひとつか | Main | 七分咲きくらいか »

March 30, 2010

TEKKEN 鉄拳

Tekken

  鉄拳というゲームには少々思い入れがある。このゲームを仲立ちにして
 仲良くなった人がいるので、格闘ゲームはそれほど得意ではない私が
 いまだに鉄拳シリーズは購入し続けているのだ。その鉄拳が映画化される
 となれば観に行かざるを得ない。
  だが予想した通り今ひとつだったな(苦笑)。もともとゲームの設定が
 ぶっ飛んだものなので、そのまま映画化することはまず不可能だと思う。
 となれば鉄拳のどの部分を拾い上げ、どう拡大するかという作業が問わ
 れることになる。この映画ではキャラクターの衣装などの外見の部分を
 拾い上げることには成功している。レイヴンやエディ・ゴルドなどは
 本当によく似ているし、三島平八もあれはあれでありだと思う。主役の
 風間仁も悪くなかったしね。
  ただそこにこだわって映画を作るなら多少嘘になってもいいから技の
 再現にもこだわるべきだったのではないだろうか。あのゲーム内の技の
 数々が見事に再現されていれば、この映画を観ようとする者の7割くらい
 は納得させることが出来たはずだ。マーシャル・ロウにはやっぱりサマー
 を出して欲しいし、ニーナにはからみつくようなサブミッションを、吉光
 には人間業ではない動きを等々…。レスラー系のキャラが登場しないと
 いうところに技の再現には一切こだわらないという姿勢が端的に表れて
 いると思う。見かけだけ再現した鉄拳のキャラクターに「普通の格闘」を
 させてはそこに齟齬が生まれるのは当然、中途半端な映画になっていると
 思う。あるいはいっそ格闘にはこだわらないで三島一族のとんでもない
 親子関係に焦点を絞って映画にするという手もあったかとは思うが、これ
 はこれであちこちに無理が出てきそうだな(苦笑)。
  70点。やっぱり自分の使うキャラ(キング)が出てこないのが最大の
 不満か。そういう人多いだろうなぁ。

  「TEKKEN 鉄拳
   監督 ドワイト・リトル
   キャスト ジョン・フー ケリー・オーバートン
        ケイリー=ヒロユキ・タガワ 他

  ゲーム鉄拳のサイトはこちら

|

« 曇天では今ひとつか | Main | 七分咲きくらいか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/47951370

Listed below are links to weblogs that reference TEKKEN 鉄拳:

« 曇天では今ひとつか | Main | 七分咲きくらいか »