« あと少し | Main | はやくも »

August 10, 2009

屋根裏のポムネンカ

Pomnenka

  シュヴァンクマイエルと並びチェコを代表するアニメーション作家、
 イジー・バルタの最新長編が公開されるということで雨が降る中を、
 渋谷まで足を運んできた。屋根裏にうち捨てられているガラクタたち
 が動きだし、自分たちの時間を過ごしているお話。子供の頃屋根裏で
 遊び、そこにあるガラクタたちが玩具だったという監督の思い出が
 そのまま映像化されたような作品だった。特に寝具が雲になり水に
 なるあたりのイマジネーションは素晴らしい。見た目はグロテスク
 とも言えるようなひどい外見のキャラクター達も、動き出した途端に
 魅力的になるし、ところどころチェコアニメに特有のシニカルさが
 垣間見えるところも◎。満足の1時間半だった。
  CG全盛のこの時代に人形アニメを作る意味があるのか、その稚拙
 とも見える表現方法はすでに過去の遺物ではないかと、そんなことを
 のたまう人もいるようだが、この物語をCGで作ることこそ意味がない。
 その質感、ガラクタそのものが動くという魅力。それは他のなにもの
 にも代え難い人形アニメならではの魅力だと思うのだが。
  80点。うちにも一人キュリーが欲しい(笑)。

 「屋根裏のポムネンカNa pude
  監督 イジー・バルタ

|

« あと少し | Main | はやくも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/45889478

Listed below are links to weblogs that reference 屋根裏のポムネンカ:

« あと少し | Main | はやくも »