« 劇場版仮面ライダーディケイド/侍戦隊シンケンジャー銀幕版 | Main | 日暮間近 »

August 18, 2009

G.I.ジョー

Gijoe

  基本的にこういうギミック満載の映画は嫌いではない。ナノマイト、
 加速スーツ、透明化スーツ、脳内の記憶を直接読み取る装置、音声
 認識で稼働する超音速戦闘機、北極海底基地、レーザー照準器付き
 小型ボウガン、ドリルで地中を進むモール、パルスガン、潜水戦闘艇、
 刀と手裏剣とトンファー、きりがないのでこれくらいにしておくが、
 これらの数多のギミックをつぎ込んできちんと一本の映画に仕上げる
 のだから、このあたりはさすがスティーブン・ソマーズという感じ。
 これだけの要素をさらりとこなせるのは、狼男・ドラキュラ・フラン
 ケンシュタインの怪物の共演映画を作ってしまったソマーズくらい
 なのかもしれない。
  それゆえに細かいことは気にするなという感じ。多少CGが目に
 つこうが、ストーリー運びが強引だろうが、きちんとG.I.ジョーに
 なっていればそれでいいのだと思う。ただ、いかにも続編作ります
 といったラストは少しマイナスかな。この手の映画は後腐れ無く、
 すっきりさっぱり終わるのが王道。次回作につなげる要素を入れる
 にしても、全ての物語が終わった後でおまけ程度で入れる方がいい、
 と思うのだが。
  75点。東京の大寺院と修行僧にびっくり(笑)。

  「G.I.ジョーG.I.JOE THE RISE OF COBRA
   監督 スティーブン・ソマーズ
   キャスト チャニング・テイタム シエナ・ミラー
        レイチェル・ニコルズ イ・ビョンホン
        マーロン・ウェイアンズ 他

|

« 劇場版仮面ライダーディケイド/侍戦隊シンケンジャー銀幕版 | Main | 日暮間近 »

Comments

あの拳法教えてる坊主と英語必須の寺は素敵でしたね。
そしてビョン様子供時代の「泥棒だ!」が「泥棒ニダ!」に聞こえたのは私だけの空耳だったのでしょうか(汗)。

素敵にアホすぎて下手するとリピーターしてしまいそうです。

Posted by: 矩子 | August 18, 2009 at 09:30 PM

あっちでは「ニホンorジャパン」で東洋の全てを代表
させていた、そういう頃が確かにあったということを
再確認。

ソマーズはきっと狙ってやっているんだろうなと
思うっす(笑)。

Posted by: ウル | August 20, 2009 at 12:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/45964611

Listed below are links to weblogs that reference G.I.ジョー:

« 劇場版仮面ライダーディケイド/侍戦隊シンケンジャー銀幕版 | Main | 日暮間近 »