« 読了5冊 | Main | ていいち »

May 11, 2009

GOEMON

Goemon

  CASSHERNでひどい目にあったので観に行くかどうかずっと悩んでいた
 作品。今回はさほどひどくないという噂を聞いたので思い切って観に出か
 けてきた。
  確かにCASSHERNほどはひどくなかった(苦笑)。何と言っても脚本が
 ある程度そつなく仕上がっているのが大きい。独特の世界観で塗り固め
 られた安土桃山時代を、パラレルワールド=現実ではないもうひとつの
 別の歴史上の出来事として受け入れることさえ出来れば、ごく普通に
 楽しむことが出来る映画になっていると思う。
  だが、どうしても言っておきたいマイナス面が二つ(だけではないのだ
 が(苦笑))。一つはCGを活用したアクションシーンにおける「質量」の
 欠如である。動きが重い軽いではなく、動いている物体に質量が感じられ
 ないのだ。ジブリアニメーションの飛行シーンが二次元で空中を飛んで
 いるのにもかかわらず質量を感じ、それが浮遊感高揚感につながっている
 のとは天と地ほどの差がある。ロボットであるキャシャーンならまだそれ
 でいいのだろうが、生身の人間が飛んだり跳ねたりしているのだから、
 そうも言ってはいられまい。この質量の欠如から、アクションシーンが
 他のシーンとは別物になってしまい、あたかもCD-ROMを読み込むのを
 待っているゲームのムービーのようになってしまっている気がする。
  もう一つは登場人物がことごとく──こういう言い方は時代錯誤的だし
 決していい言葉でないのはわかっていて敢えて言うのだが──登場人物が
 ことごとく「女々しい」のだ。五右衛門しかり、才蔵しかり。誰も彼もが
 心の中にうじうじしたものを抱えていてすっきりしない。まぁこのあたり
 は好みの問題かも知れないが。もちろん私は痛悔娯楽時代劇の方が好きで
 ある(断言)。
  70点。この作風を続けるのなら、紀里谷監督は一度基本からアニメート
 というものを学んだ方がいいのではないかと思う。あるいはその部分は
 誰か卓越した人間を招聘するとかね。

 「GOEMON
  監督 紀里谷和明
  キャスト 江口洋介 大沢たかお 広末涼子 ゴリ
       奥田瑛二 伊武雅刀 中村橋之助 寺島進 他

|

« 読了5冊 | Main | ていいち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/44979945

Listed below are links to weblogs that reference GOEMON:

« 読了5冊 | Main | ていいち »