« たけのこ | Main | 緑の繁茂 »

April 20, 2009

レッドクリフ part II ─未来への最終決戦─

Redcliff2

  というわけで赤壁の後篇である。今回の目玉は何と言っても戦そのもの
 である。三国志の有名なエピソードを現代的な解釈の元にからめつつ、
 猛火吹き荒れる水軍の炎上と屍が累々と折り重なる攻城戦へとつながり、
 周瑜の「勝者は誰もいない」という吐き捨てるような台詞と、山河と緑と
 虹が背景を飾る孔明との別れにいたる。パート1でしっかりと各登場人物
 とその背景を描いていた分、このパート2では流れがとどまることなく
 一気にエンディングまで見せてくれる。三国志「赤壁の戦い」の1つの
 バージョンとして、ジョン・ウーの執念が見事に結実していると言って
 いいだろう。
  ただ気になったのはどこまで現代的な解釈を加えるかという按配だ。
 孔明が道術で風向きを変えるというのを風向きが変わる気象を読みとる
 ことが出来るとしたことや、当時は存在しなかった火薬の代わりに魚油を
 使ったことなど、現代的合理的な解釈で映像化したのは悪いことだとは
 思わない。だが、その合理的な解釈を突き詰めて考えるならば、ラスト
 シーンの武将大集合は非常に違和感がある。あれはひとえに作劇上の
 要請ということだろう。とするならばもっと各武将が見得を切るように
 活躍して胸躍るシーンがあっても良かったのではないかと思う。だが
 逆にそこまでしてしまうと、あの最後の周瑜のつぶやきとこの映画の
 厭戦ムードを損ねてしまう。そのあたりの按配をどこに落とすか。それ
 が必ずしも成功しているとは思えないのだ。元々の三国志でも実は赤壁
 の戦いでは劉備軍は一切活躍してないらしいが(笑)。
  今回は関羽もそう活躍しなかったし(苦笑)、ごくごく普通に楽しめる
 映画だったかな。75点。

  「レッドクリフ part II ─未来への最終決戦─赤壁下:決戰天下
   監督 ジョン・ウー
   キャスト トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー
        チャン・チェン フー・ジュン 中村獅童
        リン・チーリン ヴィッキー・チャオ 他

|

« たけのこ | Main | 緑の繁茂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/44732931

Listed below are links to weblogs that reference レッドクリフ part II ─未来への最終決戦─:

« たけのこ | Main | 緑の繁茂 »