« 夕焼け | Main | 階段の下の定位置 »

September 02, 2008

ハンコック

Hancock

  小さく良くまとまった佳品だった。この夏はアメコミヒーロー映画が
 多数公開されているが、このハンコックはそれを逆手に取ったような
 作品。スーパーパワーを持っているがアル中で自己中で孤独なダメ男が
 ある男との出会いをターニングポイントにして生き方を改め、さらには
 記憶喪失で忘れている自分の過去も取り戻していくというお話だ。
 おそらくこの映画の第一のポイントはこのダメヒーローの描写という
 ことになるだろう。ホームレスのような服装で空を飛び、そのパワーで
 被害が出ることを躊躇しない、今までには描かれたことのない超人像を
 描くことだけでもこの映画が作られた意味があると思う。さらにはそれ
 だけで終わらず、後半ハンコックの正体があらわになるにつれ物語は
 悲恋とも悲劇とも言える方へ進んでいき、ラストシーンは少しもの悲しさ
 さえ感じる。叫びながら月へ向かって飛んでいくハンコックの叫びは
 本当に切なく響いていたな。
  ただ不満に思うこともある。ひとつは、やはり前半と後半で別の映画
 になってしまった感がぬぐえないこと。それはハンコックの秘密をすべて
 セリフで処理してしまったことにもつながっていると思う。そしてもう
 ひとつはヴィラン(悪漢)が弱すぎること。戦闘力とか権力が弱いという
 のではなく、キャラクターとしてあまりに弱すぎることだ。ハンコックが
 いる世界なら、それに対抗する圧倒的なヴィランがいて当然だと思うし
 それを相手に最後に大暴れして欲しかったというのが正直な感想だ。ま、
 そこまでやってしまうと、この作品のまとまり感がなくなってしまう気も
 するのは確かなのだが(苦笑)。
  80点。ジョン・ハンコックとは独立宣言書に最初にサインした有名な
 人の名前で、「サインする」という意味で使われるらしい。それをその
 まま書いてしまったという笑い話なのだが、日本人にはわからないね(笑)。

  「ハンコックHANCOCK
   監督 ピーター・バーグ
   キャスト ウィル・スミス シャーリーズ・セロン
        ジェイソン・ベイトマン ジェイ・ヘッド 他

|

« 夕焼け | Main | 階段の下の定位置 »

Comments

た、確かに悪役弱かった・・・!あと30分増やしていいからキャラ立て&対決見たかったですね。折角アメコミ風なんだし。

Posted by: のりこ | September 03, 2008 at 09:21 PM

やっぱアメコミ好きはそう思うよね(笑)。同士よ〜(爆)。

Posted by: ウル | September 04, 2008 at 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/42358024

Listed below are links to weblogs that reference ハンコック:

« 夕焼け | Main | 階段の下の定位置 »