« 夕陽の矢 | Main | インクレディブル ハルク »

August 14, 2008

ダークナイト

Darknight

  確かに良い出来だった。バットマンとなってしまったブルースの苦悩、
 愛する者を失って心が二つに裂けてしまったトゥーフェイス=デントの
 悲痛、警官としての職分をまっとうしようともがくゴードンの焦燥、
 そしてこの映画においてはその正体が一切不明のジョーカーの狂気。
 それが決して絵空事ではなく、現実感を持ったまま描かれ、ゴッサム
 シティという街のリアリティと相まって素晴らしい作品に仕上がって
 いると思う。中でも特筆すべきは、惜しむらくも鬼籍に入ってしまった
 ヒース・レジャーの演技だろう。この手のジャンル系映画には珍しく
 アカデミー賞の呼び声も高いその狂気の演技は、この作品の肝になって
 いるとさえ言えるし、全編にわたって張り詰める緊張感は彼の存在あって
 のもの。ラストシーンの「宣言」にもしびれたし、鑑賞後の満足感は
 この上なし、である。
  ただ私のバットマン像とは一致しなかったのも事実。DCユニバースに
 おいてバットマンの立ち位置は「知略の人」ではないだろうか。私に
 とってはスーパーマンが陽と力を象徴し、バットマンは陰と知恵を象徴
 しているのだ。今回のバットマンは知略合戦でことごとくジョーカーの
 後手に回り、最後は禁じ手のような力業をも使っている。最後の最後には
 戦略でジョーカーを上回るバットマンを見たかったというのも正直な感想
 である。
  そしてもう一つはトゥーフェイスにたいして例の「コイン作戦(わかる
 人だけわかってね(笑))」を使えずじまいだったところか。確かにお約束
 過ぎるしリアリティを崩すぎりぎりの線にある演出だとは思うが、そこは
 やはり採用して欲しかったな。
  85点。首の動くバットスーツは意外と違和感がなかったです。

 「ダークナイト THE DARK KNIGHT
  監督 クリストファー・ノーラン
  キャスト クリスチャン・ベール マイケル・ケイン
       ヒース・レジャー ゲイリー・オールドマン
       アーロン・エッカート マギー・ギレンホール
       モーガン・フリーマン 他

|

« 夕陽の矢 | Main | インクレディブル ハルク »

Comments

ダークナイトキター!!バットマン(コミック版)は守備範囲外(トゥーフェイスが普通に知らない人です・・・)なのですが、ヒースのおかげで凄まじく面白かったですね!と、ところで、レイチェルは殺しちゃっていいんですかね?(汗。

あと、結局前とでんでん変わらない新居作りました。ヲタ友(?)のよしみで一応ご報告~。

Posted by: 矩子 | August 14, 2008 at 10:03 PM

矩さん、なにげにあっさりネタバレしてるし(^^;

まぁ彼女は映画オリジナルのキャラクターらしいので
それでもなんとかなるのではないかと。もともと
ブルース・ウェインは女性運ない方ですし(笑)。

新居にもお邪魔しまーす♪

Posted by: ウル | August 15, 2008 at 07:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/42167047

Listed below are links to weblogs that reference ダークナイト:

« 夕陽の矢 | Main | インクレディブル ハルク »