« どっこいしょ | Main | 薄い月 »

March 10, 2008

ライラの冒険 黄金の羅針盤

Goldencompass

  原作は大きな賞も取り世界的なベストセラーとなっている小説。未読だが
 おそらく魅力に溢れた作品なのだろう。だがこの映画は単体として考えた
 場合、決して高くは評価できないと思う。全3部作を予定しているという
 ことなので、様々な謎が解けないまま次に続くのは仕方がない部分はある
 だろう。ダストの謎、ダイモンの謎、夫人の正体、教権の実態…。SFXも
 悪くないし、俳優たちの演技も素晴らしい。最後に騎兵隊よろしくジプ
 シャンが参戦するところは燃えるし、平行宇宙をまたがった世界の謎には
 ゾクゾクさせられるのも否定しない。それでもこの映画には欠点がいくつも
 ある気がするのだ。
  まず肝心の黄金の羅針盤の魅力があまりに乏しいこと。途中ライラが自身
 鏡と呼ぶ場面があるのだが、実際この映画の中の扱いでは機械的な「羅針盤」
 である必要はまったくなく、真実を映し出す魔法の鏡となんら変わらない。
 もう少し扱い方、読み取り方に機械を感じさせる要素、システマティックな
 「何か」がなければならないと思う。
  そして冒険に旅立つ前のライラの生活がほとんど描かれていないことも
 不満だ。子供たちだけで遊んでいる場面だけでなく、日々どんな暮らしを
 して、どういう性格をはぐくんで来たのかがわかる描写があってはじめて
 観客もライラと友に冒険の旅に出発できるはずだ。
  他にも、教権が敵役としてあまりにも形がはっきりしないこと(ニコール
 ・キッドマンの存在感でかろうじて成立している感じ)、長寿で空を飛ぶ
 くらいしか能力を見せてない魔女の位置づけがはっきりしないこと(銃器
 や火薬、電気設備はあるようだが、それと並び立つ「魔」女とは一体?)、
 サモエード族、タタール族と夫人あるいは教権との結びつきが描かれて
 いないこと、イオニクとラグナーの戦いとそれにまつわるエピソードに
 工夫がないこと等々。一応三部作すべて映画化されればつきあうつもり
 ではあるが、先行き不安なのも事実だな。
  70点。サム・エリオットとイアン・マッケランに免じて(笑)。

 「ライラの冒険 黄金の羅針盤THE GOLDEN COMPASS
  監督・脚本 クリス・ワイツ
  原作 フィリップ・プルマン
  キャスト ニコール・キッドマン ダコタ・ブルー・リチャーズ
       ベン・ウォーカー ダニエル・クレイグ 他

|

« どっこいしょ | Main | 薄い月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/40454611

Listed below are links to weblogs that reference ライラの冒険 黄金の羅針盤:

« どっこいしょ | Main | 薄い月 »