« 三つ指ついて | Main | メタセコイア »

December 18, 2007

アイ・アム・レジェンド

Iamlegend

  3度目の映画化なのだ。地球最後の男オメガマンの存在は知って
 いたのだが、残念ながらまだ観ていない。今回が最初の遭遇となった。
 SF映画としてはごく普通のまっとうでまっすぐな映画だったと思う。
 変なひねりや強引な落ちがあるわけでなく、結末に向かって一つ一つ
 出来事が積み重なっていく印象。今回の映画化の最大の目玉は最新の
 CG技術によって映像化された無人のニューヨークなのだろうから、
 それはそれで悪いことではなかったのではないかな。だから、という
 わけではないのだろうが、主人公以外の生き残りが現れるまでの方が
 面白かった気がする。原作を読んでいないのでどこまで忠実な映画化
 なのかはわからないが、もう少し独りで何とかするお話にして欲し
 かったかな。最後の蝶の暗示がひねりといえばひねりなのだが、
 あのガラスのヒビに気付かない人もいたのではないだろうか?。
  75点。犬好きの人はつらい映画かも。

  「アイ・アム・レジェンドI AM LEGEND
   監督 フランシス・ローレンス
   キャスト ウィル・スミス 他

|

« 三つ指ついて | Main | メタセコイア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/17407494

Listed below are links to weblogs that reference アイ・アム・レジェンド:

« 三つ指ついて | Main | メタセコイア »