« 満月 | Main | こんな時間から »

February 04, 2007

どろろ

Dororo

  近所のシネコンに。ここはいつもはすいているのだが、さすがに日曜の昼、
 それなりに混んでいた。かなりの動員数になっているようだし、何よりあの
 「どろろ」の映画化ということで期待して観に行ったのだが…。
  結論から言うと「どろろ」で好きだった部分が軒並み消されている感じの
 映画だったな。まず何より妻夫木がミスキャストに思えてしょうがない。
 百鬼丸を演じるにしては彼は線が細すぎる。育ちが良すぎる感じで、あの
 修羅の苦しみを生き抜いてきたようには見えないのだ。多宝丸と並んだ時に
 もっとコントラストがはっきりするような役者でないとイメージが違いすぎる。
  それに加えて。「どろろ」は確かに父と子の物語であり、最後はこの対決
 がなければならないのはわかるのだが、実はそこよりもそこに至るまでの
 妖怪との対決と、それによって段々と人間になっていく百鬼丸の姿こそが
 「どろろ」の「売り」であると私は思う。それにしては妖怪たちの造形、
 妖怪との対決がいかんせん弱すぎるのだ。腕に刀を仕込んでいるという
 百鬼丸の最大の売りをいかしてもっともっといいモノができたはずである。
 アクションが不出来というわけではない。がんばっていたし、水準以上の
 モノは出来上がっていると思う。だが、どういう志向性でそのアクションを
 組み立て表現するかという根本の部分に強い意志が感じられないのだ。
 魔物との対決が、醍醐景光と対決するまでの添え物、おまけのように思えて
 しまうのでは「どろろ」とは言えないような気がするのだ。
  ギリギリ合格の70点。柴咲コウのどろろは思いの外良かったけどね。
 あと「ほげたら♪」も聞きたかったな。

  「どろろ
   監督 塩田明彦
   原作 手塚治虫
   キャスト 妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 瑛太 原田美枝子
        中村嘉葎雄 原田芳雄 杉本哲太 土屋アンナ 他

|

« 満月 | Main | こんな時間から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/13790379

Listed below are links to weblogs that reference どろろ:

« 満月 | Main | こんな時間から »