« 色とりどり | Main | 月夜の公孫樹 »

December 04, 2006

トゥモロー・ワールド

Tomorroww

  子供が生まれなくなった近未来を描いた映画ということで観に行ったのだが、
 この映画はSF映画でも近未来映画でもなかった。紛れもなくこの映画は「今」を
 描いた映画である。移民問題、少子化問題、テロ、右傾化etc. 子供が生まれなく
 なった絶望的な未来に託して監督が描きたかったのは今、まさにこの現代の世界
 で動いていることだったのではないだろうか。それは子供が生まれなくなった
 原因、キーが妊娠した理由、キーをトゥモロー号に乗せることによって人類に
 どういう未来が開けてくるのかといったことなど、SFとして一番描くべき、いや
 描きたくなる要素に一切触れていないところに現れていると思う。この映画は
 この映画で成立しているし、こういう映画もあってしかるべきだとは思うが、
 私の求めているSF映画ではないと言い切っておこう。
  75点。赤ん坊の泣き声で戦闘が一旦停止する場面は、わかっていても
 グッと来るものがあった。

  「トゥモロー・ワールド」CHILDREN OF MEN
   監督 アルフォンソ・キュアロン
   キャスト クライブ・オーウェン ジュリアン・ムーア
        マイケル・ケイン クレア=ホープ・アシティ 他

|

« 色とりどり | Main | 月夜の公孫樹 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/12935112

Listed below are links to weblogs that reference トゥモロー・ワールド:

« 色とりどり | Main | 月夜の公孫樹 »