« しつこく日本酒の本 | Main | 雲多し »

September 15, 2006

X-MEN ファイナルディシジョン

Xmen3

  今回のX-MENサーガ三部作の最終作。ファストボールスペシャルが出ると
 いうことでかなり期待して観に出かけたのだが。
  いい点も確かに数多くあった。キティの頭脳戦だとか能力全開のストーム。
 おちゃらけた感じが「らしかった」マルチプルマンやビーストの肉弾戦。
 ジャガーノートやエンジェル、カリストの登場もそれはそれで嬉しいし、
 デンジャールームやセンチネルまで出して要素は盛りだくさんという感じ。
 確かにこれだけの顔見せを上手にこなしているところは褒めてもいいと思う。
  が、しかし、X-MENの映画としてこれはどうだろうか?。まだ譲りに譲って
 教授やサイクがあっさりと死んでしまうのは許すとしても(原作でも死んだと
 思われていたキャラが生きているというのはよくあるし)、フェニックス
 が単なるジーンの別人格にされているところとか、ミュータントではない
 ジャガーノートについて何も触れられてないところとか(小顔と言い訳した
 あのヘルメットも気にくわないが)、所詮チームには加わることなど無理な
 性分のはずのウルヴィーが嬉々としてチームリーダーを務めていることや、
 今までは人類すべてを抹殺するために素晴らしい知略の限りを尽くしてきた
 磁界王が、ただキュアは気にくわないからつぶすというだけで必死になって
 動いていることや。最後の闘いがジーンとウルヴィーだけでサイクがいない
 のはどうにも納得がいかないし、これだけ出しておいて私のお気に入りの
 ケイジャンを出さないのはどういうことか!。あ、最後のはちと暴走(笑)。
  キャラの顔見せに汲々としている間に、肝心の脚本の練り込みを忘れて
 しまった感が強いかな。まぁもともとアメコミは同じタイトルでもライター
 によって好き勝手されてしまう宿命なのだから、そんなに目くじらを立てる
 ことではないのかもしれないが。スピンオフのウルヴァリンにせめて期待する
 ことにします。
  70点。アンナ・パキンの変わり様に涙。

  「X-MEN ファイナルディシジョン」 X-MEN THE LAST STAND
   監督 ブレット・ラトナー
   キャスト ヒュー・ジャックマン ハル・ベリー ファムケ・ヤンセン
        パトリック・スチュワート イアン・マッケラン 他

|

« しつこく日本酒の本 | Main | 雲多し »

Comments

ケイジャンの件には賛成です!(私もクソ熱くてすんません・・・)

Posted by: 矩子 | September 15, 2006 at 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/11907661

Listed below are links to weblogs that reference X-MEN ファイナルディシジョン:

« しつこく日本酒の本 | Main | 雲多し »