« 何だよ | Main | 太郎 »

July 25, 2006

ローズ・イン・タイドランド

Ritl_1

  「テリー・ギリアムの新作」ということだけで観に行ったのだが、どうも
 今ひとつだったなぁ。確かに節々にギリアムらしさがあふれているし、
 理不尽で不条理な少女の幻想を映像化し定着させることに挑戦し、ある程度
 成功していると言えるだろう。ギリアムが好きな人なら大喜びする映画なの
 かもしれない(ということは世間一般には受け入れられ難いということでも
 あるのだが(苦笑))。
  だが、どうも今ひとつ乗り切れず、もどかしい感じが最後まで残ったのは、
 この作品がヤン・シュワンクマイエルのまがい物に思えて仕方がなかった
 からだ。物語や世界、モチーフのすべて─頭だけの人形・腐敗して剥製に
 されてしまう屍体・しゃべるリス・落ちる兎穴─がシュワンクマイエルを
 思い起こさせるものばかりなのだ。そしてシュワンクマイエルならもっと
 みずみずしく、もっとグロテスクに、もっとセンセーショナルに撮り上げる
 だろう、と思ってしまうのだな。観ている間ずっとその思いが頭を巡っていた。
 それでは乗り切れないわけだ。
  70点。主演のジョデルに敬意を表して。

  「ローズ・イン・タイドランド」TIDELAND
   監督 テリー・ギリアム
   キャスト ジョデル・「サイレントヒル」・フェルランド
        ジェフ・ブリッジス ジェニファー・テイリー
        ジャネット・マクティア ブレンダン・フレッチャー 他

|

« 何だよ | Main | 太郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/11097650

Listed below are links to weblogs that reference ローズ・イン・タイドランド:

» 「ローズ・イン・タイドランド」現代のおとぎ話は甘くないのだ [soramove]
「ローズ・イン・タイドランド」★★★ ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス 主演 テリー・ギリアム監督、2005年、イギリス、カナダ 主人公の少女は 「不思議の国のアリス」が好きな 10歳のジェライザ=ローズ。 アリスを連想させる地面にあいた穴など...... [Read More]

Tracked on August 04, 2006 at 11:17 AM

« 何だよ | Main | 太郎 »