« 植木市 | Main | 晴れ »

May 29, 2006

ダ・ヴィンチ・コード

Davincicode

  何かと話題の作品、ではある。このダ・ヴィンチコードというストーリーの
 魅力は、作品の核となっている「聖杯の正体」の与える衝撃と、そこまでに辿り着く
 暗号解読の面白さだと思うのだが、前者はキリスト教に素養がなければピンと
 こないだろうし、後者はテキストベースならではの面白さゆえ映画にすることで
 魅力が半減してしまう。ずば抜けたアクションがあるわけでもないし、サスペンス
 の内容もそれほど深いものではない。実は日本人にとって敷居の高い作品だと
 思うのだがどうだろう?。原作も読んでいない、シオン修道会もテンプル騎士団も
 知らない、ダ・ヴィンチと言えばモナリザくらいしか知らないという人が映画の
 評判だけで観に来た時、一体どんな感想を持つのか聞いてみたいものだ。
  原作も読んだし、マグダラのマリアについても全然知らなかったわけでもない
 私にとっては、この映画は原作に振りかけて少し風味を添えるトッピングくらいの
 位置づけかも知れない。原作を読んだ人間が観る映画だと思う。
  75点。もう一度ダ・ヴィンチ・コード読み返してみるか。

 「ダ・ヴィンチ・コードTHE DA VINCI CODE
  監督 ロン・ハワード
  原作 ダン・ブラウン
  キャスト トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン
       アルフレッド・モリーナ ポール・ベタニー ジャン・レノ 他

|

« 植木市 | Main | 晴れ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/10298922

Listed below are links to weblogs that reference ダ・ヴィンチ・コード:

« 植木市 | Main | 晴れ »