« 結実 | Main | V フォー・ヴェンデッタ »

May 02, 2006

アンダーワールド エボリューション

Uwevol

  長いGW休み中唯一のウィークデーの今日、映画を二本梯子した。
 その一本目がこの作品。前作「アンダーワールド」の完全なる続編。
  無難にまとまっているとは思う。続編によく見られる「広げすぎた風呂敷を
 畳み損なう」という失敗に陥ることもなく、吸血鬼と狼男の物語を作り上げる
 ことに成功していると思う。ゴタゴタがあったにもかかわらずキャスト・
 スタッフが全員再集結して、まごうことなきアンダーワールドの世界。前作が
 気に入った人なら観ておいて損はない映画だと思う。ケイト・ベッキンセールは
 相変わらずカッコいいし。
  ただし手放しでほめるわけにはいかないのも確かだ。まず吸血鬼と狼男の
 初の混血であり、両種族の長きに渡る闘争に終止符を打つはずだった「彼」が
 ただ単に力の強い、主人公の恋人の役目しかはたしていないこと。単なる添え物
 にしか過ぎないのでは前作の苦労は一体なんだったのか。
  そしてもう一つは前作アンダーワールドは何が受けいれられたのか、という
 点に関係している。私はそれはスタイリッシュなアクションにあったと思っている
 のだがどうだろう?。ベッキンセールがあの衣装で人間にはあり得ない(だが
 吸血鬼ならあり得るだろう)ガンアクションを繰り広げていく、そここそが
 アンダーワールドの肝だと思う。そう考えるとその続編である今作では、前作に
 輪をかけて素晴らしく、リアルさよりも美しさに重点を置いたアクションが
 繰り広げられなければ嘘だろう。その点で物足りなさが残ったのも事実なのだ。
 極端に言えば吸血鬼の始祖とか不死者の父なんてどうでもいいからもっと
 ベッキンセールを!ということなのだな。
  70点。それにしても脱ぐならきっちり脱ごうよ(笑)。次作では息子登場?。

 「アンダーワールド エボリューションUNDERWORLD EVOLUTION
  監督 レン・ワイズマン
  キャスト ケイト・ベッキンセール スコット・スピードマン
       トニー・カラン デレク・ジャコビ 他

|

« 結実 | Main | V フォー・ヴェンデッタ »

Comments

でもライカンはちょっぴりマシになってましたよネ!
(前回の着ぐるみもある意味問答無用の面白さでしたが)
私も始祖の物語はどうでもよかったれす・・・。とほほ。ナニアレ。3はずーっとオネーチャンのアクションが見たいです。

Posted by: 矩子 | May 03, 2006 at 09:32 PM

この調子だと3はもっとやばいことになりそうな気がするなー。
予感はずれることを祈るのみっす。

弟狼男がかっこよかったね◎。

Posted by: ウル | May 04, 2006 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/9870291

Listed below are links to weblogs that reference アンダーワールド エボリューション:

» ■『アンダーワールド・エボリューション』 レビュー [土方寒三(さむぞう) エンタの御用改め]
金持ちケンカせず 、、、 そんな言葉があったと思うんですが、最近の金持ちは、ケンカ好きの人が多いようで。。。ホリエモン の ニッポン放送買収騒動から始まり、今度は村上ファンド とやらが 阪神買収ホント、良くないよネ〜 弱い者 (?) イジメは、、、なこと ボヤきながら 日々 頑張っている 、、、〝貧乏ケンカせず〟の さむぞう ですそういや〜 続編 見てきました、、、通称 〝アンエボ〟 (?)吸血鬼一族 ... [Read More]

Tracked on May 03, 2006 at 01:48 AM

« 結実 | Main | V フォー・ヴェンデッタ »