« 三宝寺池 | Main | 花に嵐 »

April 10, 2006

サウンド・オブ・サンダー

Sothunder

  私は映画を観る時得点法で観ているように思う。決して減点法ではない。
 SFXがしょぼすぎるからとか主演者が嫌いだからとか、そういう理由で映画を
 貶すことはほとんどない。どんな映画にも何かしらいい所があると思っているし
 いい所を見つけることができれば、他の難点は大目に見ることができる得な性分
 なのである。
  で、この映画だが、確かに現在のレベルから考えると特撮はひどい(笑)。製作
 会社が倒産したこともあり、あちらこちらでかけるべき手間がかけられていない
 のだろう、その時点で映画をダメだと言い切ってしまう人にとっては途轍もなく
 ひどい作品に違いない。
  だが私は結構楽しく観た。昔のB級SFパニック映画を観るような感じが嬉し
 かったな。意味もなくあちこちに引っ張り回されたり(たくさんの怪物を出演さ
 せるため?(笑))、ひとりずつキャストが消えていったりする所や、一人称として
 描写する人物を切り変えることで、あっさりとそして何も悪びれる素振りもなく
 タイムパラドックスを避けて素通りする脳天気さ加減も、50年代くらいまでの
 荒削りだが魅力にあふれ輝いていたSF映画を思い出させる感じで、実に素直に
 単純に楽しむことができた。と考えると、実に不自然に見えた昔のスクリーン
 プロセス風の合成カットが、当時の特殊撮影に対するオマージュなのではないか
 と思えてくるから不思議だ。
  合格点の70点。トカゲヒヒなんか十分主演するだけのキャラクター。あいつ
 らが出てきたというだけでも記憶されていい映画だと思うのだが(笑)。

  「サウンド・オブ・サンダー A SOUND OF THUNDER
   監督 ピーター・「カプリコン1」・ハイアムズ
   原作 レイ・「火星年代記」・ブラッドベリ
   キャスト エドワード・バーンズ キャサリン・マコーマック
        ベン・キングスレー ジェミマ・ルーパー 他

|

« 三宝寺池 | Main | 花に嵐 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/9528238

Listed below are links to weblogs that reference サウンド・オブ・サンダー:

« 三宝寺池 | Main | 花に嵐 »