« チャーリーとチョコレート工場 | Main | 昨日の夕陽 »

September 26, 2005

ファンタスティックフォー

ff

  二本目はこちら。アメコミのタイトルとしてはスパイダーマンやX−MENに
 引けを取らないくらいの古株であり、その昔日本でもアニメが「宇宙忍者ゴームズ」
 として放映されていたのにもかかわらず知名度があまり高くないFFの映画化作品。
 FFといえばファイナルファンタジーではなくファンタスティックフォーのこと
 なのだ(笑)。
  この映画、しっかりとFFとして成立していたと思う。作られたのはかなり昔の
 ことだから(コミックス第一巻は1961年発売)現在映画化するには多少なりとも
 苦労が伴うはず。だがこの映画はそのあたりの難問はきちんと消化していた。
 5人ともしっかりとキャラクターを保っていたし、最後に4人が協力してまさに
 チームとして活躍する所も実に「らしかった」。Drドゥームもしっかりドゥーム
 してたしね。
  だがドゥームを出すことによってストーリーが私闘になってしまった感がある
 のも否めない。結局リードとビクターの男二人によるスーの取り合いじゃないか
 と言われればそれまでのストーリーなのである。1本目だから仕方ないという
 ところはあるのだろうが、私の中でのFFはもっと大きな地球的危機に対して
 4人がチームを組んで対抗するというお話であってほしいのである。ゴームズこと
 Mrファンタスティックはその頭脳ゆえにファンタスティックでもあるのだから。
  あとベンが自らまた─というのも少しひっかかったな。力を手に入れるという
 ことには「聖なる一回性」とでもいうようなものが付帯していて欲しい。生身の
 人間にだってできることはあるはずなのだから。ゴッサムの蝙蝠が笑っている。
  こじんまり感に75点。続編が出来て銀色の波乗り野郎出てくると嬉しいの
 だけれど(笑)。

 「ファンタスティックフォー[超能力ユニット]」FANTASTIC FOUR
  監督 ティム・ストーリー
  キャスト ヨアン・グリフィス ジェシカ・アルバ
       クリス・エヴァンス マイケル・チクリス
       ジュリアン・マクマホン 他

|

« チャーリーとチョコレート工場 | Main | 昨日の夕陽 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/6133133

Listed below are links to weblogs that reference ファンタスティックフォー:

« チャーリーとチョコレート工場 | Main | 昨日の夕陽 »