« 街路樹と街路灯 | Main | ヴィレッジ »

September 16, 2004

デビルズ・バックボーン

dsbb

  スーパー・ナチュラル・ゴシック・ホラーと銘打って公開されている作品であり、
 実際に劇中に幽霊が登場する。今までにありそうでなかったその幽霊のビジュアルは
 それだけでこの映画を一見の価値のある作品にしていると言ってもいい素晴らしい
 出来だ。またオープニングとエンディングに登場し作品を一貫して貫いているのも
 「幽霊」という要素であることは間違いない。その点では確かにホラー作品と言える
 だろう。
  だが、映画を見終わった後に思うのは「この映画は戦争、あるいは戦時下を描いた
 『戦争映画』なのではないか」ということだ。決して怖い映画ではない。この映画は
 戦時下という極限状況において露わになる、人間のおぞましさや汚さ、寂しさや
 愚かさ、それは業とでも言えるものを描いた悲しい映画なのだ。それはタイトルの
 由来となった背骨に異常のある胎児のラム酒漬けが、決して怖いだけのものではなく
 悲しみを誘うものであるのと同じなのかもしれない。「ブレイド2」や
ヘルボーイ」といったアメコミ原作の映画専門の監督かと思われかねない
 ギレルモ・デル・トロの、「人間」の部分がかいま見える作品なのだと思う。
  子供による復讐劇、そしてその残酷描写はハリウッドにはないものだし、観る者を
 選ぶのかも知れないが、名作と言われるような映画を愛し、ホラーを毛嫌いしている
 ような人間に観て欲しい映画だったな。
  70点。ヘルボーイ、ますます期待しております。

  「デビルズ・バックボーン」EL ESPINAZO DEL DIABLO
   監督・脚本 ギレルモ・「ブレイド2」・デル・トロ
   キャスト マリサ・パレデス エドゥアルド・ノリエガ
        フェデリコ・ルッピ イレネ・ビセド
        フェルナンド・ティエルブ イニーゴ・ガルセス 他

|

« 街路樹と街路灯 | Main | ヴィレッジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/1451674

Listed below are links to weblogs that reference デビルズ・バックボーン:

« 街路樹と街路灯 | Main | ヴィレッジ »