« 引越 | Main | 泣ける歌 »

September 30, 2004

バイオハザード2 アポカリプス

apocalyp

  同じミラ・ジョヴォヴィッチ主演で02年公開、「バイオハザード」の続編。

  実にまっとうに作られた続編だったという感想。1作目のエンディングの
 「引き」をそのまま冒頭のシークエンスに持ってきているし、あちらこちらに
 1作目の要素を上手に使っている。その上で新たにゲーム中のキャラクター、
 ジル・バレンタイン(演じるシエンナ・ギロリーがまたよく雰囲気を出している)や
 カルロス・オリヴェイラ、そして敵役のネメシスを登場させるというサービスぶり。
 1作目が「ゲームを元にした映画」だったのに対し2作目は「ゲームをそのまま
 映像化した映画」に近づいた感じ。
  ただそのためか物語の内容が「主人公対ゾンビ」ではなく「主人公対巨大組織
 (アンブレラ社)」になっているのが弱点といえば弱点か。特にネメシスがアリスを
 追いかけ初めてからはゾンビの影が薄くなってしまったのが惜しい。ネメシスも
 どこまでもどこまでも追いかけてくるしつこさが描き足りない気がするし。
 ホラー映画ではなくアクション映画になるのかもしれない。
  ゲームと同様銃器がいろいろ出てくるのも見所かも知れない。私はまだ一丁一丁
 確認しながら観ることまではできないけれど(笑)。
  75点。大きすぎる上に読みにくいパンフレットは最悪。

  「バイオハザード2 アポカリプス」Resident Evil: Apocalypse
   監督 アレクサンダー・ウィット
   キャスト ミラ・ジョヴォヴィッチ シエンナ・ギロリー
        オデッド・フェール   トーマス・クレッチマン 他

|

« 引越 | Main | 泣ける歌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/1560818

Listed below are links to weblogs that reference バイオハザード2 アポカリプス:

« 引越 | Main | 泣ける歌 »