« この先どこへ向かうのか | Main | 白くまになりたかった子ども »

July 15, 2004

スパイダーマン2

spidie2

  アメコミ好き、ヒーロー好き、そしてジャンル映画好きのポイントを
 はずさずにしっかり突き、なおかつその上で一流のエンタテインメントに
 仕上げたサム・ライミの手腕に素直に感動した。いつの間にこんな手堅い
 仕事をする監督になったのだろう?(笑)。

  スパイディの原作を知る人間にとっては、明らかに3で登場するであろう
 グリーンゴブリン2代目のフリだったり、リザードやマン・ウルフとなる
 キャラクターの登場がポイントとして上げられるだろうし、ジャンル映画
 好きにとってはDr.オクトパスが覚醒して暴れるシーンでのスリラー演出が
 たまらない。
  そしてヒーロー好きにとって涙なしに観られないのは列車を助けた後の
 乗客達の「手」だ。今でも思い出せば胸に響くものがある。隣人が隣人で
 ある所以だ。そう。スパイディは我々のすぐ隣にいるヒーローなのである。

  その他ライミの演出では目線カメラの冴えが素晴らしかった。要所要所で
 挿入されるスパイダーマンやDrオクトパスの視線を意味するカメラワークが
 効果的に使われ臨場感を盛り上げていたと思う。ニューヨークの高層ビル群
 を飛んでいく気分はどう?(笑)。

  ひっかかったのはスパイディのマスクの存在かな。そんなに簡単で
 いいのか?とついつっこみを入れたくなるところ。バットマンリターンズ
 でも「おいおい」とつっこんだのを思い出す。それは奥の手だと思うし
 そんなに簡単に使う手ではないと思うのだがな。

  それでも素晴らしい映画であるのは間違いないと思う。スパイダーマンの
 世界を知っていなければつらい所もなくはないだろうが、まぁそれは2なので
 言わないことに。85点。
  オープニングのアレックス・ロスのアートワークに刮目せよ。

  「スパイダーマン2」SPIDER-MAN 2
    監督 サム・ライミ
    キャスト トビー・マグワイア キルスティン・ダンスト
         アルフレッド・モリーナ ジェームズ・フランコ 他

|

« この先どこへ向かうのか | Main | 白くまになりたかった子ども »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39551/974436

Listed below are links to weblogs that reference スパイダーマン2:

« この先どこへ向かうのか | Main | 白くまになりたかった子ども »